人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

給料減ると、友達減る

正社員をやめてしまった私は、契約社員となり、手取りが三分の二以下に。

 
単発のアルバイトを繰り返し以前と同水準まで稼げるようにしていたつもりだったが、その生活もそろそろ終わりで、腰を据えて掛け持ちの仕事を探さないと。
 
服やバッグや装飾品に興味がなく、(旅行には行きたい!韓国にカジノ旅行に行きたい!)食費や生活費は抑えられても、交際費を抑えることができません。
 
お金を稼ぐことの大変さを痛感してるいまだからこそ、余計に、交際費が惜しい。
 
一日遊ぶということは、一日分の給料が飛んでいくし、(いや、その時間も働けると考えると二日分か?などと換算してしまう)
 
毎日自炊や水筒、お弁当持参の涙ぐましい(自分でゆうかそれ、なんてことだ!)努力が無駄なんじゃないかと思えて悲しい。
 
最近はそんなこんなで切り詰めた生活をしているけど、そうなると働くということしかしていなくて、一体何のために働いて、自分で自分を追い込んでいるのか、精神的にも追いつめられるという本末転倒な。
 
交際費を抑えようと誘いを断ってばかり、また自分から誘わなくなると、友達がいなくなる。難しい。
 
交際費は削ろうと思えば削れるだけど、そこまでストイックに生きてなんになる。