読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

沖縄のゲストハウス「たつや旅館」

去年の夏沖縄へ一人旅をしたときに、二泊で利用したのは那覇市のあるモノレールの駅から徒歩で行ける範囲のとこにある、その名も「たつや旅館」

急にオーナーのおじさんのことを思いだした。去年は本当に沖縄に移住してもいいなと思っていて、そんな風に思わせてくれたのも、オーナーのおじさんが温かく迎えてくれたからだった。

たつや旅館がおすすめできる理由

☆夕食時にほかのお客さんと交流できる(おいしい夕食も事前にゆえば用意あり。一人旅だった私はそこで旅の楽しさや醍醐味を感じることができた)

☆オーナーのおじさんの人柄(帰りは車で空港まで送ってくれた。なんといっても夕食時に聴けるおじさんの三味線が沖縄にきたなーと思わせてくれる)

☆いろんな客が居た
(沖縄移住のため、仕事と住む部屋をたつや旅館で暮らしながら探している人がいた。なんか訳ありっぽくて、私なんかまだまだあまちゃんで、その人の足下にまだまだ及ばないと思った。派遣で看護師をしてる人、看護師として壮絶な体験をしたらしく、今は派遣で緩く暮らしているっぽい人。修学旅行生の引率の仕事で沖縄にきていた。同じ部屋に二泊泊まったけど、すごくきれいだけど、闇が深そうだと思った。)

☆部屋が広い(ドミトリーだけど、プライバシーが保てて、十分な広さ)
☆清潔(留学生のアルバイトさんがいらっしゃった、シーツ等も綺麗)
☆お風呂も無駄に広い(綺麗)
☆空港からモノレールだけでいける距離
☆屋上に洗濯物が干せた(すぐに乾いた)
☆猫好きの方におすすめ(猫が出入りしてる)
☆朝ご飯が自由に食べれる(パンとジュースが備え付け)

f:id:banananananaablen:20151208205646j:image

ふつうの旅館では味わえない距離感でオーナーさんほかのお客さんと交流できる。人見知りの私でも、沖縄の空気がそうさせない。また来年の夏一人旅してみようかな