人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

お父さんが心配してるで

母からのラインに素っ気なく、というよりもしばらくの間既読スルーしてたら、とうとう、父が心配してるでと、父の存在を出してきた。これには参る。母は適当にあしらうことができるんだけど、父には弱い。父と娘ってそんなもん。


思えば人生で初めて帰省しなかったなあ。帰省せずに困ったことは、特にないなあ。しいていえばお雑煮食べたかったなあ。私んちは、関西だけど白味噌じゃなく、透明のだしのやつなんです。(両親が九州出身だから)あとカニもたべたかった。

大学の寮生活時代も一度、年始をを寮の部屋で一人で迎えたことがあったけど、そのときのスーパーでの年末の食材の買い出しはきつかった。田舎のスーパーだからか、すごくこんでて、かぞくずればっかりで、すごく惨めな思いをした。寂しくて少し泣いた。(だったら帰ればよかったのに?)


そのころと比べると、ひとりに慣れてきたからか、一人年越しに全然何にも感じない。強くなった。(?)これで一人でも生きていける?重い荷物も運べるし、引っ越しも一人で済ませるし(荷物の梱包も任せて!)、ひとりで旅行も映画もフェスもライブもカラオケも行っちゃいます。(一人登山も大丈夫!)


でも年始早々病気したときは、さすがに泣けた。あの謎の高熱は何だったのか。数時間で収まる熱って何?風邪でもなかったし。


次帰るときはいい報告ができるようになってからだーー!今年になるか来年になるか再来年になるか、、、、(親孝行もしてあげないと)