読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

【お金の話】430万円

私の四年間の奨学金返済額は、確か430万円ほどです。そのうち120万円ほどは利息です。(奨学金から目を背けて生きていますのできちんと把握しておりません)

今は失業期間中に返済猶予の手続きをしたので、猶予ちゅうです。一年ごとに申請が必要みたいなので、注意すること。

私の実家の経済状況では第一種を借りることもてきたのでしょうが、無利子の奨学金を高校時代まわりで申請してる子がほとんどおらず、私も当然のように有利子の第二種を申請したのでした。

私は国立大の寮に入りましたが、まわりはほとんどが無利子の奨学金を借りていました。寮にはいってくるのは経済状況が厳しい子が多かったからです。

今思えば途中から一種の申請をすること(変更)ができたのかな。

制度はきちんと自分で調べて自分にあったものを利用すること、また、詳しい人に相談すること。両親は頼りになりません。結局は高校生だろうと、大学生だろうと何でも自分でやるにこしたことはないのです。借りるのも自分、返すのも自分。

卒業時に、奨学金返済の説明会に行ったときに、返済額を見て愕然としました。今まで、のほほんと生きてきた学生が、社会人になる前から、多額の借金を背負って生活していかなければならないことをそのとき初めて実感したのです!

その日、あまりの金額の多さに、帰りの電車で少し泣き、そして親に八つ当たりのメールをしたのを覚えています。。。


これからあと二十年ほどかかって返済していきますので、気長にストレスをためずに、貯金と平行しながら生活していきたいです。


授業料を自分で払わなければならない家庭状況の高校生は、奨学金は利息の高い借金であるということを、知った上で借りるようにしてほしいなと思います。


小中学生なんかは、就学援助(地域によって呼び名が違う?)制度などがあるということをきちんと親が知っておかなければなりません。


私は結婚したいなーとは思うんだけど、子どもにかかるお金のことを考えたら、子どもはとてもじゃないけどもてないなーと思います。

最近は、出生率があがってるのか、よく小さい子どもつれたお母さんお父さん見かけます。幸せそうだな、うらやましいなーと思う反面、かねかかってたいへんそうだなということも同時に思ってしまうのです。まーでも、こればっかりは授かりものですからね。。

あ、、、相手がいないんだった( ̄ー ̄)