読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

何かあったときのために準備しておくこと

何かあったときにうろたえないために、いつでもそのときがきてもいいように準備しておくことがとても大事だと思う

 

何故ならば、いま、感染性胃腸炎らしい何かにかかったのではないかと不安になっているから。いがむかむかするし、腸の様子も怪しい、吐き気もするような気がする。

 

もし、感染性胃腸炎になってしまったならば、私はシェアハウスにすんでいるので、感染防止のために、吐瀉物やトイレの処理などしなければならないから、キッチンハイターや手袋が必要(しかし、十分な量はない、したがって今なってしまっても、十分な対策がとれない)。

 

感染性胃腸炎の対策ができていないだけどなく、明日何かあったときのセーフティーネットも出来てない、

 

逃げはじじゃないけど、結婚は安心を買うようなものみたいにゆってたけど、まさにその通りで、つまりもし私の身に何かあったときに気づいてくれて、対処してくれる人が必要。マジ必要。つまり、結婚したい

 

そもそも、今シェアハウス住んでるのも不本意だし、もともと感染性胃腸炎は同居人が感染して、もし私が今胃腸炎なったとしたら、その人のうつったってことだし、、、

 

つまり、早くこのシェアハウス脱したい。つまり、早く結婚したいってことになるけど、果たして家族でさえ一緒に住めなかったのに、他人と暮らせるか?!(いや、相手がいない)

 

何かあったときに対応できるように、身軽でいることがひつよう。このシェアハウスにきて、一年半ほどになる、いつのまにか、ものが増えて、ごちゃごちゃになってる。

 

備えけいでいえば、防災グッズもないし、おくすりセット的なのもじゅうぶんでないかも。

 

おまけに、スキー合宿ボランティアの帽子もないし、手袋もない。ランニンググッズも買わなきゃだし(ワイヤレスイヤホンとアームバンドと膝サポーターはかった)、年末は出費がかさみます。

 

早く断捨離終えて、諸々の準備終えて、勉強に専念できる体制整えなきゃ。。。

 

明日起きたら胃腸炎どっか行ってますように。。。。