読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

ここ最近、赤面症がひどくなってきた

昔からあがり症で、 人前で喋ることが大変苦手で、今も克服できていないのですが(汗)、なんだかここ最近、 赤面症が ひどくなってきました。    自覚 し出したのは、ここ 1ヶ月です。  状況は 数人で話しているときや1対1など様々ですが、余りにも赤面の頻度と程度がひどくなり、自分でもわかるくらいに赤面していることを強く感じます。 

 

昔から苦手な人とはなすときなどは赤面したり、気後れしたりということがあったかもしれませんが、最近は気の置けない 人(まあ職場では心を開いているほうのひと) にも、赤面してしまうことが多くなりました。たとえば、 面白いことがあって、 声を上げてわらったときや、自分に関するエピソードや感想を言ったと きや、 自分のパーソナルな 質問に答えているときなどなどです。感情が少し動いただけで、赤面してしまうことがあり、これはよろしくない精神状態が影響しているのかもと危機感を 抱きいま分析するためにブログを書き始めました。

 

 人を選んで接し方を変えてしまっていること、つまり苦手な人(好きじゃない人)と 積極的に話をしたい人(好きな人)とかなり自分のなかで対応や声のトーンまで変わってしまう ことは自覚しています。  これは、私の大変悪いところなのですが、 普通の人が見たらあの人とは仲良くしたくないなと 思わせる人(少し性格に問題があったりして、周りからは敬遠されるような人、たとえば、子供時代でいういじめの対象になるような弱々しい人とか)に対しては、気楽に 接することができるのです。つまり、下に見ているから 、 緊張 することなく、素のじぶん を表現できるのです。これは、学生時代なんかには、優しすぎる、あの人とはあんまり関わんない方がいいよと、友達にゆわれていたことがあります。

逆に言うと、自分よりも優位にある人(だいたいの人があてはまる)には、素のじぶんでいられないし、劣等感を 抱いて、少しの動揺でさえ、赤面というかたちで表れてしまうのです。

思い当たるのは、私は1対1のコミュニケーションであれば、難なく(?) 普通に明るく接することができますが、1対1のコミュニケーション を第三者に聞かれている場合なんかには、意識がそちらにいき、 素のじぶん をだせなくなります。

 

対人恐怖症の面があるのですが、社会人になってからは全く知らない環境に自ら飛び込んでいくことも多くなり、少しは改善したかなーなんて思っていた矢先の赤面症の悪化の自覚なので、またまた辛いです。

 

赤面するのは職場だけなので、原因は、今の職場になじんでいないことなのですが、 あと、職場に好きな人がいることも大きく影響しているはずです。 四六時中その人のことを考え、他の人とはなしていても意識はそちらにいっています。つまり、目前の相手よりも、好きな人に、「人と話している自分がどう見られているか」 に 集中してしまっています。これは、第三者に話を聞かれたくないという強い意識とも関係しています。

 

「人に自分がどう見られているか」を気にしすぎている点など自意識過剰なところ、人の視線を敏感に感じ取る(怖い)ところ、極度のシャイであること、人に注目されたくないところ、自分の外見にコンプレックスを抱いているところ、自信がなく自己肯定感が低いこと、自尊感情がひくいことなどなど 様々な性格的要因はありますが、今の現状もよくないなって感じがします。人前で話す場数を踏んでいないこと、人と話さなくて(接しなくて)すむ職場環境で(平日は一日にだいたい一人としか話さない、休みの日は誰とも話さない日が多い)半年経過しました。

 

一ついいたいのは、就職面接や人前での挨拶などの事前にわかっている場面で赤面することはありません。状況的に、 普段の雑談  で赤面してしまうので、余計に気にしてしまい、ますます自信がなくなってしまいます。

あと、数ヶ月後にはまた職場が変わることなどの不安も 潜在的なストレスになっているのでしょうか。いや、 無職に対するストレスかな。現在、公務員試験の勉強と、就活を頑張っていますが、こんなにがんばっても   日常は変わらないんだろうなっという人生  への失望感や 期待感の低下も感じます。そこは、二十代前半と 変わっちゃったな(笑)モチベーションの 維持が難しくなってきてます。

 

なんとか、年内ですこしでも勉強と就活進めるべくして前進あるのみです!


f:id:banananananaablen:20161117101532j:image

 

 

二十代のケアが三十代の肌を作る

アラサーになって、いよいよ肌が本格的に変わってきました 。なにがって、私が気になるのは、シミ、しわ、くすみかな。加齢とともに三大気になる要素でしょうか 。自分の年齢が、26272829となっていくのは、慣れというか、 受け入れられる心の体制は 徐々にできていく気がするけれど、シミ、しわに関しては、25すかぎたあたりから、 ぐっと急にきた!!ってかんじやから、急に目前に現れた敵におどおどするしかいまのところ、すべはなし。 

 

そんなこといってる間にもどんどんと年をとっていくわけで、私は割と運動にはここ数年は気を使っていたつもりだけど、運動だけじゃなくて食事や、サプリや化粧品なんかでも、ケアしていかないといよいよ本格的に目も当てられなくなってきます。 時の流れはシビアです。

 

美容健康オタクの人にゆわれたのは、 月に五千円は 肌ケアのために 使ったほうがよいとのこと、あと、酵素ドリンクが肌に良いらしい。 このまえ一本飲みきって切らしてたから、また購入  します。肌ケアしてる(金かけてる)人はやっぱちがうよなーーと、逃げ恥見て、ガッキーがかわいいのはもちろん、肌がきれいなところに 注目してしまった。やっぱ酵素ドリンクとかたっかいの飲んでるのかなー(笑)

 

お休みなさい。

夢をみた、そういえば、今日は試験だ

 

大学生のとき、バイト三昧で、対して人間関係 を構築しようとせず、人から逃げてたことが、今に、今の 仕事からも逃げてしまったことにつながってる、ことにものすごく後悔してて、つまり、今来年の四月からまた無職になることにすごくおびえてて、もちろん 就活はするけども、職を転々としてしまったことにものすごく後悔してて、何の能力もないのに、 しかも対人能力も低い。

 

私の性格をあげるとすれば、 自己肯定感が低すぎるため、自信がなく、  シャイすぎること。 シャイでいる場合じゃないんだけど、シャイ を克服 しないまま、いい年になってしまった、、私の性格をかたちづくったのは、アダルトチルドレンだからだと思ってたけど、つまり、 親に愛されなかったがらだと思ってたけど、 違う気がしてきた 。(姉はバカだけど性格的になんら問題なく育ってる)

 

思えば、 小学生のころから、シャイで人を避けて(親も避けて)、人間嫌いな子供だった 。それは悲しいことに今も変わっていない 。

 

しかし、アラサーになって今更 性格どうこうで悩むと思わなかった。 みんなが、小、中学生から大学生にかけて悩んだ人間関係を避けてきた結果が今の私だ。そう、わたしはトロいのだ。物事に鈍感なのだ。

 

 

転換期があったとすれば、大学生のころだ。部活に入っていろいろな 人間関係を学んで、青春すべきだった、と今思うのは、夢を見たから、、

 

大学生のころ、暇すぎて暇すぎて、バイトしてもなお暇で、部活にはいろうとしたことがあった、というより友達がほしくて、、しかも私は本気で部活にはいろうとしてたことがあった。でも、ひとりで出来上がったコミュニティーに入っていくことが 出来なかった 。確か二年生 の途中とかだったとおもう。臆病な私は一歩踏み出せず、バイトに明け暮れることを決めた。

 

結果、何にも残らない学生生活だった。人生で一番やっちゃいけないのは、お金を使うことじゃなく、取り戻せない時間 を後悔する事だ。 取り戻せない人との関係 を失ってしまうことだ 。というきがする。

 

なぜ、このようなこと を思ったかというと、いま、大学生のころ、 部活にはいろうと  (三年生だった)頑張る 自分が夢の中にいた 。

この深層心理はなんとなくわかる。

 

 社会人になり、いまのこの状態になってるのがものすごくつらくて、仕事を続けることができなかったのは何故なのか、いま、こんなに孤独なのは何故なのか、と考えた結果が、大学生のころ、部活にはいらなかったことに起因すると考えているからだと思う。 あんなに若いのに部活にはいらず、1人もくもくとバイトする生活。

あのときぶかつにはいってれば、なにか、もっと楽しい大学生活 をおくれていただろうか。何か、今、自分は変われていただろうか。そんなことが夢にまで出てきた。

 

さ、後悔してもしかたないので、いまできることをもくもくとやっていきましょう。

 

とりあえず、 就職活動と、  公務員試験の勉強と、習得する資格試験の検討を引き続きおこなっていきます。

 

 いやはや、トロいって、損だねー。トロいから、看護師になれたとしても 挫折するか?保育士か作業療法士(授業料高いので現実的に無理)も検討してます。

優先事項は、来年の 就活かなあ。雇用形態は、福利厚生重視の正社員で探して、ダメなら、 児童福祉系のアルバイト で妥協します。なにしろ未経験、無資格だからなー。

 

今日は早く起きたので、サンマルクにいって勉強する事とします。あ、今日、行政書士の試験だった。ダメもとで、知識確認のため、受けにいくかーーー。(重い腰を上げ受験票を確認)



f:id:banananananaablen:20161113045409j:image

 

 

 

Googleプレイミュージック最高じゃないですか?

 

つい先日 スマホがだめになりましたので、 MNVPにして確か二、三年目になります、三代目のスマホ本体を購入しました。 壊れたのは 中古で購入した富士通のアローズです。 これに関しては色々不満がありました。まずエスディーカードにデータを移行できなかったこと、 容量不足でメモリー を消去しながら使用していたこと、よくフリーズしていたこと、そしてついに一年たたずしてフリーズして動かなくなりました。

 

格安スマホで困るのはキャリアの契約をしていないので、壊れた時や相談したいことがあるときにどうしたらいいかわからないことです。そもそも詳しくないのでトラブル発生時には余計に困ってしまうのです。

 

これは日本製のスマホはだめだ!やっぱりアップル社だ!(7年前に購入したアイポッドがまだ健在だし、長持ちする!(一回水たまりに落ちたにもかかわらず数日後復活した素晴らしい耐水性を発揮したという経緯がある))とひらめいた私は、IPHONEの購入を検討しました。

 

Apple au iPhone6 A1586 (MG4F2J/A) 64GB スペースグレイ

そしていろいろ調べた結果、アマゾンでIPHONE6が安く売っていたので、それを購入することと、ドコモショップでマイクロシムをナノシムに交換してもらえば、最短で翌日にIPHONE6が手に入るという最良の手段を行使しようとしたのです。そして仕事帰りに壊れたアローズを握りしめて、職場の最寄のドコモショップに行って、交換してほしい旨を伝えましたが、そこで早くも、奇しくも計画が打ち砕かれることとなったのでした。キャリアの契約をしていないので、データがないので、交換できないと。

 

そりゃあそうか。。。。意気消沈しながらも、次の手段に変更です。つまりIPHONEをあきらめるということです。

 

その日のうちに手に入れるために、そのままヨドバシカメラに直行しました。IPHONEについてせっせとした下調べも無意味なものとなってしまいました。何にも下調べせずに買わなければならなくなりました。 こうなったら、見た目と価格で選ぶしかありません。国内メーカーだから信用していいってわけでもないなという教訓を得たので、まず重視したのは価格です。予算は2万円以下!ヨドバシポイントはすごく還元率がいいので、電化製品を買うときはたまに利用します。

いろいろ見ていて、台湾メーカーのASUSスマホがありました。私の持っているパソコンもASUSだし、アフターケアもきちんとしているかなという印象で、ASUSの最新のじゃない安いやつにしました。

 

使用し始めて、4日くらい経過しましたが、何にも問題ありません。むしろarrowsよりもパフォーマンスは良いです。やはり中古(試し用に展示されていたやつ)で購入したし古かったのもだめだったのかなー。

容量も大きくなったし、SDカードも問題なく使えてるっぽいので、泣く泣く消去していたアプリも全部ダウンロードできます。音楽も聴けます。いいですね。arrowsではあきらめていた音楽アプリもダウンロードできます。ITUNESよりか、グーグルミュージックにしてみようと思い、月額980円ですが、それでツタヤに行く手間が省けるし、いろいろな機能がありそうなので、試しに購入してみました。

 

今のところすごくいいです。一番いいなと思うのは、その人のプレイリストなどから趣味の近い音楽をピックアップして流してくれる機能です。いやはや、新しい音楽を取り入れるハードルがすごく下がってクオリティオブライフが少し上がりそうな予感です。

 

 今はいろんな格安スマホがでてきて何がいいのか悪いのか、自分で調べて選択していかないといけないけれど、私が契約しているビッグローブは安いし、データ使用制限もないし、特段不満はありません。月額2000円から2500円くらいで済んでいます。(通話はあまり使用しません)。それプラス本体代ですが、今回のが2年持てば、18000円でしたので、月額3000円前後にスマホ代が抑えられるってことですよね。かなりお得感がありますね。

 

しかし私、物を壊しやすいという特徴を持っています。大事につかっていないわけではないのですが、少々雑というか荒いのですかね。いまのところ落とさないようにきずをつけないように、大事に使うことができていますよ。。。。

 

 

 

ガチャ目治したい

ある日、職場で視力の話題になり、両目の視力がちかう(右1.5 左1.3)ことを告げると、ガチャメじゃんって言われた。
、、、ガチャメ?ガチャピン?ガチャメを知らなかった私ははて?となったので、後でGoogleに聞いてみた。そうすると、生活習慣や姿勢等で目の使い方にずれが生じて視力の片方だけが悪くなったりすることをそう呼ぶらしい。。

それを知って数ヶ月。。ここ最近まさに左目(視力悪い方)だけ異様に疲れるなということを実感。スマホを観るときもパソコン観るときも本を読むときも左目で見てる。意識しだしてからはもう余計そうなってるとしか思えません。左目で文字読んで、右目は補助的な役割しか果たしてない。
だから、視力が落ちたのか。多分ここ数年ではっきりと1.5ではなくなった。数年前まで両目1.5だったんだ。

よーく思い返してみても確かに私少し前から少し斜視が入ってる。自分が写ってる写真見ても確かに両目の黒目の位置が少しずれてる。座ってるときも自然に首がいつも同じ方向に傾くし(多分視線も同じ方向)、ベッドで横向もだいたいいつも方向が同じだし、スマホは右手で操作して同じ方向でみてるし、、、そういった習慣がより、左目を酷使させて視力の低下を招いたんだ。

そこで、最近は左目でなく右目を使うよう意識しようと実践を試みています。小説を片目で読む訓練をしています。手で左目を押さえるんだけど、右手で小説を開いて、ページもかたででめくってって、これがなかなか地味にしんどいんです。。。


私世代でそうだと、子どもの頃からスマホやパソコンが当たり前にある世代はほかにも、もっともっと深刻な健康問題がでてくるんじゃないかと。。。

夏の思い出を思い出す

こんばんは。

まだ残暑が続く中、最近は朝夜は少しすずしくなり、鈴虫が鳴いていますね。

秋になると少しわくわくします。夏服よりも秋服の服装のほうが楽しめるような気がするので、そこも含めなんだかうれしい気分です。

 

今年の夏はあんまりお金を使わずに過ごすぞっていうテーマだったので(そうだったんだ。。今気づいた)、帰省もせず(冬も帰省してない)、旅行もいかず、子どものボランティアキャンプに二つほど参加しました。二泊三日と一週間。それぞれ、女の子6人、男の子8人のグループを持ちました。ちなみに障害児クラスです。健常児と何ら変わらない子もいれば、この子はふつう級では難しいだろうなという子など程度はそれぞれです。

 

やはり子どもと接するのは楽しいです。みたことない自分を発見することができます。普段では出ない大きい声や、普段ではできない子どたちの先生という役割を演じることができ、大変満足。人前に立つだけで頭真っ白になる私が、相手が子供とはいえリーダーらしい役割を演じることができた。大変気持ち的に浄化されました。

 

もちろん、ボランティアだったので受け身的な部分が多かったので、楽させてもらい、運営にはかかわることなく、子どもの面倒を見ているだけでよかったので、大変お気楽なものでした。

 

普段の仕事では、パソコンの前に座り、人と会話することもほとんどないので、そことのギャップもすごく大きく、やっぱり私は子供とかかわることが好きなのだと改めて感じることができました。一週間の終わりが近づくにつれ、普段は死んでいる顔が少し晴れ、生き生きとまではいかないけれど、ここ数年で一番いい顔になっている、そんな気がしました。言葉を発すること、人とコミュニケーションをとること、こどもと抱き合ったりふれあったりすることが大変ストレスの発散になりました。

 

また、言葉をうまくしゃべれない11歳の男の子、すぐにどっかにふらっといったり、靴も履かずに外に飛び出したり、上ってはいけないところに上ったり、、、という問題児がグループの中にいて、大変手を焼き、時に叱り、。。。という子がいました。今思えば何回も手を出してしまったけど(もともとそこの職員の方も割を手を出していたので、私もそれを見てだしていいんだと、無意識に認識し、やっちゃっいましたね)あれは、学校教育ではあってはいけないことをやってましたね。。。その子が、最後別れの時に私が手を振ると、私の目を確かに見て、うんうんとうなずいたのです。それで、一週間の苦労(大した苦労じゃありません。かわいいかわいい男の子だったので)が報われたと思いました。そのときは彼に私が認識され、確かに少しの間でも私が存在してたんだと思うとうれしかったですね。

 

ボランティアだからこそ、子どもと適当にあそんでいるだけでよかったけれど、あういう教育や療育を仕事にするのはやっぱり私には荷が重いだろうなというのも思いました。やっぱり子どもはきちんと人を見ているし、私は人の手本になったり、ひとまえにたてるようなじんかくではないです。子どもには親がついているし、子どもだけと接してればいいというわけにはいかないです。私は友人の家族や知り合いの配偶者など、どういうわけか家族というものが少し苦手のようです。そら家族経営の会社長くは続かなかったわけだわ。きっと私自身が思春期の頃から家族ときちんと向き合ってこなかったことが要因ではあると思います。こどもだけでなく、親ともきちンと向き合うことが求められるでしょう。まあ、どんな仕事もそうか。。。

 

仕事に何を求めるかってことなんだけれど、数年前はやりがい、やりたいこと、実現したいこと、自分の可能性への期待を胸に公務員を退職しました。しかし、今はいろいろ経験し、お金を稼ぐことがいかに大変か身に染みてわかったので、自分ができること、させてもらえそうな可能性があることにかけたいと再び元の道を目指しています。

 

眠れなくなってしまった。目を酷使しない部屋でする娯楽ないかな。。。

 

 

 

公務員試験全滅でした

 

公務員試験のまさか1次試験で全滅でした。とうとう脳まで衰えていっているのでしょうか。そんなこともありえるのか、そうでないのか。

でも、そんなに落ち込んでなくて、また来年頑張るかという気持ちでいます。限界までやった気になってたけど、経済学とか手を付けずだったし、民法もふかんぜんだったし、まあ落ちるわな。

いや、ぎりぎり通ってるかなと甘い気持ちでいたのも事実。 でも、華の二十代であるはずの女が勉強ばっかやってていいのかなあという気もします。もっと他に恋愛とか遊びとかやることあるでしょうよ。いや、無趣味だしお金を使わないのが好きだし、ネットサーフィンばっかりしてるし、結局勉強しないとしてもおなじかなあ。

 

とりあえず、三月まで今の仕事しながら勉強して、四月からは仕事があるかわからないので、山の住み込みの民宿とかで働きながら勉強したい。なーんて願望。

 

 

明日から一週間、山にボランティアキャンプに行ってきます。相当ハードっぽいから本当はお給料ほしいくらいだけど、食事と交通費もってくれるだけで十分です。1週間財布を開かないだけで相当節約になるはず。

今日は、部屋の掃除と洗濯、雑務、買い出しと食材使い切り調理とジム行きます。

最近、ジムでズンバに参加しています。楽しい!!あと私運動神経あるほうだと思ってたけど、ダンスはまた別のよう、リズム感なし、あしのステップついていかず。

ランニングも走ってるのに飽きが来て継続することが難しい。体重落としてもっと体を軽くしないと。