読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は戦いだ

アラサー元公務員が、再び公務員をめざすブログです

新年早々風邪をひいた。けど、数時間で熱が引いた話

 

新年早々、寒気が止まらなくなり、やがてそれは震えと悪寒になり、そして少ししてから発熱。一時は39度4分の高熱が出ました。

 

これはやばい。かつてない寒気と震え。(ネットで調べてたら悪寒戦慄というものがあるらしい。 まさにこれじゃないか。自律神経の乱れが関係してるっぽい。)

 

インフルエンザの予防接種は受けたのですが、どうやら若かったりストレスなどによって、効かないこともあるらしい。 まさに、いろんなストレスが今になってどっと押し寄せたか、これは間違いなくインフルエンザだと思った。

 

久しぶりの高熱にビビって、ほっておいたら死ぬんじゃないかと心配になり、職場へ電話しました。 今日は本当は勤務だったので、お休みをいただくことになり、 さらには、インフルエンザの検査をしてこいとの御達しが。

 

でも出かける前にシャワー浴びた直後は五土台、すこしすると七度台に下がってたし、 これは病院に行っていろんな人の菌をもらって具合が悪くなるパターンか。

 

普段は、風なんか市販の薬で治すし、寝たら治るし。ってゆうので、病院なんか行かないんです。 でも職務命令だから仕方ない。

 

 ということで、 近くの休日診療のクリニックに行ってきた。

看護師さんはインフルエンザは今は流行ってないとのこと。

職場で言われたなら仕方ないねと、検査してくれました。

 

結果は、陰性でした。 無駄足だったか。。

 

会計は、薬代とインフルエンザの検査代で3000円くらい。

 

『今の私にとっては3000円は大きな出費。 さらには、二日分の勤務が減って、給与が二万円減る。 委託社員には有給なんてないのです。 働かなければお金がもらえない。 生活ができない!!!』

という誰に向けていいかわからないいらだちの解消のため、

帰りに一人カラオケに行ってきました。

 

熱も下がって体調に異常なし。

でも、さすがにカラオケするには本調子じゃない。

 

今回の教訓、貧乏は心を巣くう。病院代さえ気持ちよく払うことすらできない。

一刻も早くここから抜け出したい。